Barbourをリメイク | BIB

2020/05/03 15:26

こんにちは、

いつもご覧頂き有り難うございます。

さて、最近、何点かアップしております刺繍アイテムのご案内です。


今回はBarbourのリメイクです。

Barbourの古着にハンドル刺繍を施しました。

既に経年変化の有る古着に刺繍を入れると、また新鮮に感じます。

何より刺繍の入ったBarbourは見た事が無いので面白いと思います。

そもそも、ハンドル刺繍とは?

ハンドル刺繍とは
ミシン台の下にハンドルが付いており、それを回す事で連動したヘッドが360度回転し
下の糸を、かぎ針で引っかけチェーンステッチで刺繍を施してます。
現在はコンピュータ化が進み、効率の悪いハンドルミシンは生産しておらず
現存するミシンもそれを扱う職人さんも少なくなってます。

ミシンもハンドル刺繍の技術も古いものですが

ただの懐古趣味では無く、古い技術で現在のデザインを提案したいと思っております。

また、全ての刺繍はBIBのデザイナーが全て手作業で行っております。

全く同じものは作れませんので、世界に一つのアイテムを長くご愛用して頂けると

嬉しく思います。

BIBとコーディネートも出来ますので、

是非、一度ご覧下さい。